[Edit]
[レビュー1971年07月17日に発表された 

ガメラ(7) ガメラ対深海怪獣ジグラ

Gamera vs. Zigra

メッセージ性は高かったけど......

ジグラは珍しい魚型の怪獣。鋭角のフォルムは印象的。宇宙人に使役されるのではなく、侵略の主体であるのも目を引く。ガメラはしゃべらないが、同等の知性を持っているため、駆け引きが成立する。ガメラは子どもたちを守るため、ジグラに仮死光線を打たせるなど、けっこう複雑だ。あまたある怪獣バトルの中でも、一風変わった組み合わせと言えるだろう。ジグラは侵略者だが、悪辣に見えない。しかし子どもたちの要望でトドメを刺される末期は、ちょっぴり泣けた。

ストーリーは徹底的に子ども視点。環境保護を訴えるメッセージ性も高いのだが、今ひとつ盛り上がらない。鴨川シーワールドとX1号のエピソードが長いせいだ。もう少しジグラに焦点を当ててほしかった。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next