[Edit]
[レビュー1999年03月06日に発表された 

ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒

Gamera 3: Awakening of Irys

怪獣バトルがどれほどの被害をもたらすか

怪獣同士の戦闘によって両親を失った少女は、ガメラこそ不幸の元凶と考えるようになった。その憎しみが、邪神を復活させる苗床となってしまう。ガメラを殺せる「力」を得たとき、少女もまた怪獣となる。
とまぁ、プロットはおもしろいのだが、もろもろ詰め込みすぎた気がする。もったいない。

特撮は史上屈指の出来映え。渋谷の戦いや、京都駅のラストバトルは、ただ迫力があるだけでなく、怪獣が市街地で戦ったらどうなるかをまざまざと見せつけてくれる。足元で犠牲者が出ていないはずがないのだ。日本には怪獣をヒーローとして扱う文化があるけど、そんな生やさしいものじゃない。本作の特撮には理念がある。素晴らしい。

こんな怪獣映画を見たかった。ありがとう。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next