[Edit]
[レビュー2009年06月27日に発表された 

呪怨 白い老女

The Grudge: Old Lady in White

呪怨なのに、わかりやすい

呪怨シリーズもたくさん見てきたが、時系列をシャッフルしたオムニバス構成がこれほど功を奏した映画もない。最後まで見たとき、「あぁ、なるほど」と因果関係が理解できたのは心地よかった。
むろん通してみればおかしな点も多い。幽霊が万能で、生者を怖がらせることに執念を燃やすところはツッコミどころではなく、笑いのツボだ。本作はホラーではなく、コメディであることを、俊雄の客演が示している。

いわゆる「怪談」としては評価できないが、呪怨シリーズとしてはベストではなかろうか。

リングと呪怨
リング (貞子) 映画
ハリウッド
呪怨 (伽椰子) ビデオ
映画
アメリカ制作
ゲーム
クロスオーバー

Share

Next