レビュー  2009年01月17日  に発表された 

感染列島
Pandemic / Kansen retto

1ツ星

百害あって一利なし

予告編を見たときは、パンデミック発生時の社会混乱や、政府の対応をシミュレーションする映画と思っていた。日本社会がいかに壊れやすいか、行政組織の硬直化や法整備の遅れは、どんな被害をもたらすか。この映画が防災意識を啓蒙すると信じていた。
しかしフタを開けてみれば、お涙ちょうだいドラマと荒唐無稽なヒーロー行為ばかり。こんな映画を見ちゃうと、身勝手な行動が世界を救うと誤解されてしまう。それこそ災いのもとだ。

TBSは『日本沈没(2006)』につづき、ふたたび見る価値のない災害映画を作ってしまった。
東日本大震災(2011)発生後に鑑賞したので、ますます印象が悪かった。

 Googleで「感染列島」を検索する
 Wikipediaで「感染列島」を検索する
 IMDBで「Pandemic / Kansen retto」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0026P1L1E
思考回廊 レビュー
感染列島