深海獣レイゴー Deep Sea Monster Reigo

2008年 特撮 1ツ星 怪獣 戦争

悲しいほど見る価値がない

監督・原案・企画・脚本を担当した林家しん平は、大の怪獣映画ファンらしい。しかしファンが作った映画がおもしろいとは限らないことを証明してしまった。怪獣映画のなにが好きだったのか、なにを見せたかったのか、理解に苦しむ。

巨大怪獣vs巨大戦艦というプロットはいい。しかし戦時中を描くなら、主人公は髪を剃れ。もうすぐ子どもが産まれるのに島の女と浮気する男や、だらだらした宴会芸を描くことに、どんな意味がある? ラストの歌舞伎演出は不愉快すぎて気分が悪くなった。

怪獣にも大和にも戦う理由がない。じり貧の日本海軍に、怪獣退治をする余裕はなかろう。レイゴーの本土上陸が明らかで、国を守るために戦うくらいのコンセプトが欲しかった。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

2008年 特撮 1ツ星 怪獣 戦争
パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

パシフィック・リム

パシフィック・リム

Pacific Rim
2013年の外国映画 ★4

その手があったか! 怪獣は海からやって来る。だから壁で都市を守る。怪獣の強さはレベルで区分され、少しずつ強くなっている。対応できるのは巨大ロボットのみ。2人のパイロットが精神を同調 (...)

ウルトラセブン (全49話)

ウルトラセブン (全49話)

ULTRASEVEN
1967年の特撮 ★5

理想に燃える若者たちのドラマ  『セブン』は私が産まれる4年前の作品なので、直撃していない。何度か再放送を見たが、等身大のセブンや宇宙人をおどろおどろしく感じたくらいで、特別おもし (...)

宇宙大戦争

宇宙大戦争

Battle in Outer Space
1959年の特撮 ★4

恐るべき地球人! 『地球防衛軍』の続編。今作は受け身じゃなく、月にある基地を先制攻撃で叩いている。これで勝敗が決するかと思われたが、本番はこれから。稼いだ時間で軍備を整え、総攻撃で (...)

モーレツ怪獣大決戦

モーレツ怪獣大決戦

Moretsu Kaijuu Daikessen
2005年の特撮 ★2

いいなぁ。 内容について語ることはない。ひどいもんだが、そもそもクオリティを求めちゃいないだろう。どんな連中が、どんな経緯で制作したか知らないが、まー、楽しそうだ。 やってみたいこ (...)

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

Ready Player One
2018年の外国映画 ★3

結局、リアル至上か。  停滞した未来社会で、人々はVR世界「OASIS」に熱狂していた。莫大な遺産と運営権をめぐって、若者たちと企業が激突する。VR世界ではハリウッドだけでなく、日 (...)

ページ先頭へ