[Edit]
[レビュー2008年06月12日に発表された 

深海獣レイゴー

Deep Sea Monster Reigo

悲しいほど見る価値がない

監督・原案・企画・脚本を担当した林家しん平は、大の怪獣映画ファンらしい。しかしファンが作った映画がおもしろいとは限らないことを証明してしまった。怪獣映画のなにが好きだったのか、なにを見せたかったのか、理解に苦しむ。

巨大怪獣vs巨大戦艦というプロットはいい。しかし戦時中を描くなら、主人公は髪を剃れ。もうすぐ子どもが産まれるのに島の女と浮気する男や、だらだらした宴会芸を描くことに、どんな意味がある? ラストの歌舞伎演出は不愉快すぎて気分が悪くなった。

怪獣にも大和にも戦う理由がない。じり貧の日本海軍に、怪獣退治をする余裕はなかろう。レイゴーの本土上陸が明らかで、国を守るために戦うくらいのコンセプトが欲しかった。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share