レビュー  2009年11月17日  に発表された 

アサシン クリードII / Assassin's Creed 2 (PC)
Assassin's Creed 2

2ツ星

そういうシリーズだった

あらすじ

 デズモンド・マイルズはルーシー・スティルマンの協力を得て、アブスターゴ社からの脱出に成功する。アブスターゴ社の野望を食い止めるため、デズモンドは新型アニムスでアサシン能力を習得しなければならない。

 デズモンドが再生した記憶は15世紀、イタリアの青年、エツィオ・アウディトーレ。エツィオは裕福な貴族の家柄に生まれたが、裏切りによって家族を殺され、家督も奪われてしまった。やがてみずからに流れるアサシンの血統を知ったエツィオは、レオナルド・ダ・ヴィンチらの協力の下、復讐を誓う。

前作が中途半端なところで終わったから、本作が後編で、完結編になると思っていたが、ちがった。『アサシン クリード』はさまざまな時代のアサシンをプレイするゲーム・シリーズであって、デズモンドが活躍する現代編パートは、ぶっちゃけ、あまり重要でなかった。

『II』は訓練パートだから、エツィオの物語も重要でない。とは言うものの、あまりにも行き当たりばったり。復讐をテーマに掲げながら、あっさりコンプリート。中盤以降はヴェネツィアの守護者となって活躍するが、これといったゴールは示されない。まぁ、人生はそーゆーものかもしれないが、「これってアサシン?」と疑問に思うこともしばしば。まぁ、そーゆーシリーズなんだけどさ。

グラフィックは素晴らしく、ゲームシステムも洗練されたが、何度もやり込むものではない。しかしそれでは精緻に作り込まれた町並みやオブジェクトがもったいない。と思ったら派生作品が制作された。私の資産じゃないけど、やっぱりもったいないと思ってしまう。



Steam: ASSASSIN'S CREED II

 Googleで「アサシン クリードII / Assassin's Creed 2 」を検索する
 Wikipediaで「アサシン クリードII / Assassin's Creed 2 」を検索する
 IMDBで「Assassin's Creed 2」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002C1ARGM
思考回廊 レビュー
アサシン クリードII / Assassin's Creed 2 (PC)