レビュー  2010年03月25日  に発表された 

ゴッド・オブ・ウォーIII (PS3)
God of War 3

3ツ星

ストーリーを求めるのは酷でしょうか?

グラフィックの美しさ、迫力はすごい。アクション映画の存在価値を揺るがすほどだ。ゲームはここまで表現できるようになったのか。

しかしストーリーは弱い。もともと1作目できれいに終わっていたところを、むりやり2作目に引き延ばし、さらに結末を3作目に投げちゃったから、どうしようもない。高まりすぎた期待感を、アクションゲームをやりながら満たすのは無理がある。パンドラという一石を投じたのはよかったが、焼け石に水だ。
本作は生粋のアクションゲームであり、ストーリーに期待するのはまちがっている。しかし本作を語る上で、クレイトスの魅力は欠くことができない。多くを求め過ぎかもしれないが、ダイナミックな展開を見たかった。

でもまぁ、おもしろかった。ゲームのクオリティについては語るまでもないが、クレイトスや神々の粗暴な言葉づかいがたまらない。とりわけゼウスの傲慢さは、マネしようと思ってもできない。さすが神さま。
日本語版では残酷シーンやエロシーンが規制されているそうだ。もったいない。こんな規制を続けていると、日本語版を買う人が減ってしまうぞ。


 Googleで「ゴッド・オブ・ウォーIII 」を検索する
 Wikipediaで「ゴッド・オブ・ウォーIII 」を検索する
 IMDBで「God of War 3」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002C1ARGW
思考回廊 レビュー
ゴッド・オブ・ウォーIII (PS3)