[Edit]
[レビュー2009年03月12日に発表された 

呪怨 ザ・グラッジ3

The Grudge 3

ふつうのホラーになった

絶対無敵のモンスター・伽耶子に蹂躙されるだけでなく、立ち向かった3作目。伽耶子の妹・ナオコが事情を説明し、霊的なサポートをする。じつにオーソドックスな展開。悪い点はないけど、いい点もない。ふつうのホラー映画になっている。

腹立たしいのは主人公のお姉ちゃん。彼女の身勝手さでどれほど被害が拡大したか。まぁ、モンスター退治というクリティカルな戦場にずぶの素人を連れていったのだから、こうなることは当然か。それも含めてホラー映画の定型フォーマットと言える。

個人的には、そうした枠組みを打ち破るホラー映画を見たかったかな。観客が思いつくような穴はすべてふさぎ、関係者が一致団結して、パーフェクトな作戦で挑む。そうしてはじめて、伽耶子の強さ、理不尽さが際だつというもの。まぁ、仕方ない側面もあるが、本作は中途半端だった。

リングと呪怨
リング (貞子) 映画
ハリウッド
呪怨 (伽椰子) ビデオ
映画
アメリカ制作
ゲーム
クロスオーバー

Share