[Edit]
[レビュー1956年12月26日に発表された 

空の大怪獣ラドン

Rodan The Flying Monster

暴帝の末期に涙する

盛り上げ方がメチャクチャうまい。「空の大怪獣」なのに、なぜ炭坑が? と思っていたから、メガヌロンが出現したときは腰を抜かした。1匹でも人間の手に負えないメガヌロンが大量にいて、しかもそれはラドンの餌だった! ラドン、でけぇぇぇぇぇーーーーーッ!
しかもラドンは強い。呆れるほど強い。叩き落とされる西海橋。吹き飛ばされる博多。しかもラドンは2体いる。こりゃ、人類に勝ち目はないな。オキシジェン・デストロイヤーのような秘密兵器が出てくるのかと思ったが......。

あのラストは偶然の産物と言われているが、偶然をチャンスに変えたセンスは素晴らしい。ラドンに人間的な悪を投影しなかったことや、うんざりするほど長い砲撃シーン、そして連れ添うように力尽きる姿が、悲壮感を盛り上げる。暴虐のラドンを打ち破ったのに、この哀感はなんだ? 特撮史上に残る名場面である。

ゴジラとは異なる魅力を放ったラドン。傑作だった。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next