[Edit]
[レビュー1975年03月21日に発表された 

劇場版 がんばれ!!ロボコン

Ganbare!! Robocon

ロボコンに学ぶ道徳

第9話「ビャーッ! 青い鳥を探せ!!」(脚本:藤川桂介)のブローアップ版。
鳥を逃がしたのはロボワルなのに、責任を追及されるロボコンがあわれ。子どもたちも容赦がなさ過ぎる。ブラック企業の部長さんのようだ。しかし物語は、だれが悪いかではなく、なにが悪いことかを問いかける。鳥が逃げてもかまわないと思ったところで、鳥の方からもどってくる展開は感動した。いいね、ロボコン。

ロボワルに負けたロボコンは、強くなろうと自分を鍛える。男は強くなければ駄目だと奮起するのは、すでに本題から外れているわけだが、強くなればロビンちゃんに認めてもらえると、さらに外れていく。おまけに強くなった自分を夢に見ちゃう。こいつ、本当にロボットか?

ガンツ先生の採点は120点だけど、トレーニングセンターで迷惑かけたら差し引き0点。ガンツ先生は本当に厳しい。0点だけど、ロボコンのがんばりはみんなが見ていたよ。
ロボコンは正しいことを教えてくれない。でも、なにが正しいことか、考えるキッカケになる。

Share