[Edit]
[レビュー1928年11月18日に発表された 

蒸気船ウィリー Steamboat Willie

これがウォルト・ディズニーの作品か!

約7分の短編映画。ディズニー映画の第1号であり、世界で初めて映像と音を完全一致させた作品。ここからアニメ映画の歴史がはじまったと言える。
驚くべきはその内容。これほど独創的なアニメもない。胴体が伸びる。蒸気船が船尾を桟橋につける。牛をバンドに合わせる。楽譜を食べると楽器になる。あらゆるものが、突拍子もない動きをする。こんな動き、よく思いつくもんだ。
ミッキーは権力で押さえつけられる弱者だが、気ままに、楽しく暮らしている。なかなか小気味よいが、水木しげるの妖怪のような特異性がある。不思議なキャラクターだ。

1928年にこの映画を見た人々は、どんな衝撃を受けたのだろう? その様子を想像するのも楽しい。

Share

Next