レビュー  2009年04月18日  に発表された 

ひぐらしのなく頃に 誓
When They Cry Chikai (Live Action)

4ツ星

「この世界で、この世界のみんなと幸せになりたいんだ!」

まさか実写映画に、2作目が作られるとは。内容は入門編(第1話『鬼隠し編』)に対する解答編(第6話『罪滅し編』)になっている。もちろん、これでひぐらしワールドが理解できるわけじゃなく、実写映画しか見てない人は、ナンジャラホイと首をかしげるだろう。しかしすべてを映画化したら、『ハリー・ポッター』より長くなってしまう。多くは望むべくもない。
そうした制約はあるものの、本作はよくできていると思う。無理に完結させようとせず、バッドエンドを貫いたところは素晴らしい。運命を変えたい、運命は変えられると信じていても、犯した過ちからは逃れられないのだ。

1作目は違和感が強かった登場人物や演出も、2作目はだいぶ慣れた。なまじ原作に似せようとせず、実写版は実写版のスタイルを確立できている。口論の猥雑さ、直線で襲ってくるレナの恐怖、屋根上での戦闘とか、実写版ならではの見どころがある。前田公輝くんの演技も格段にうまくなった。

こうなると、3作目・完結編がほしくなる。まぁ、難しいのはわかっているけど、トリロジーになったらいいな。そう思わせる2作目だった。


 Googleで「ひぐらしのなく頃に 誓」を検索する
 Wikipediaで「ひぐらしのなく頃に 誓」を検索する
 IMDBで「When They Cry Chikai 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002HDNYCE
思考回廊 レビュー
ひぐらしのなく頃に 誓