[Edit]
[レビュー2005年09月23日に発表された 

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

Ghost in the Shell: STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

やっぱり、おもしろい

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』第1シーズン全26話から、「笑い男事件」に関するエピソードを抜き出して、159分に凝縮した再編集版。長いかなーと思っていたけど、じっくり楽しめた。設定の斬新さ、細かさ、センスのよさは群を抜いている。

素子やアオイといったハッカーの能力がすごい。相手に触れることなく拘束したり、公衆の面前で自分の顔を隠したり。高度に発達した電脳社会においては、ハッカーは超能力者のような存在だった。
そして、STAND ALONE COMPLEX が素晴らしい。独立した個人でありながら、集団的な行動をとってしまう社会現象。劇中でその意味を理解するのは難しいが、時間が経てば経つほど、その先見性に畏れ入る。
近未来を描いた作品は多いが、ここまで「社会」を精緻に描いた例もない。

総集編はわかりやすいけど、端折られたシーンもあるし、ほかのエピソードから類推される部分もある。総集編を絶賛するわけにはいかないが、久しぶりに見て、いろいろ思い出せたのはよかった。第1シーズンを見直してみよう。

Share