レビュー  1999年03月06日  に発表された 

ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦
Ultraman Gaia The Battle In Hyperspace

5ツ星

「きみは、未来を守ったんだよ......」

最初は状況がわからず混乱したが、現実世界──「ウルトラマン」がテレビ放送され、オモチャが売られている現実世界──が舞台と気づいて、大興奮。しかも事件の元凶は物質文明の最終到達点である願望実現マシーン(赤い球)だった! なんというセンス・オブ・ワンダー。
いじめっ子が怪獣マニアだったり、彼女との再会(再スタート)があったり、ベタだけど泣かせる演出がたまらない。こういうの、大好き♪

惜しまれるのはタイトル。ガイアの映画ならガイアを最初に持ってきてよ。それに長い。映画のおもしろさが伝わらない。「ウルトラマンガイア 夢が叶う日」あたりがよかったのではないか? いま気づいたけど、雰囲気的にはウルトラセブンに近いか。


 Googleで「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦」を検索する
 IMDBで「Ultraman Gaia The Battle In Hyperspace」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002MH1AOO
思考回廊 レビュー
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦