[Edit]
[レビュー2009年07月28日に発表された 

センコロール

CENCOROLL

素晴らしいけど、わからない

宇木敦哉氏による個人制作アニメーション。なにより驚かされたのは色遣い、あるいは遠近法の表現。こんなタッチのアニメは見たことがない。女の子のたたずまいや、センコの変形も素晴らしい。

惜しむらくは、なにが起こっているのかサッパリわからないこと。わからない魅力もあるだろうし、ショートアニメで細かく説明する必要もないが、いくつかのキーワードを与えてくれれば、観客の方でイメージをふくらませることができたのに。

「で、結局なんなの?」という疑問で感動が損なわれるのはもどかしい。

Share

Next