レビュー  1975年12月20日  に発表された 

がんばれ!!ロボコン ムギョギョ!!食いねェ
Ganbare!! Robocon Mugyogyo Kuinee

3ツ星

ガンツ先生の薫陶は、有り難いやら的外れやら

第39話「ムギョギョ! 食いねェ21世紀メニュー」(脚本:上原正三)のブローアップ版。
ロボクイの料理は原料が石油なので、お値段が20分の1になると説明され、納得してしまうところがすごい。さまざまな料理を味わっても、石油なんて信じられないと喜ぶ奥様方。そういう時代だったね。私はなんとなくわかるが、いまの若者が見ても首をかしげるだろうな。

結局、ロボクイのサービスはいんちきで、ガンツ先生は絶対に許されないと怒る。しかし21世紀まで25年あるから、「うんと努力すれば実現できる」と諭すところはかっこいい。その一方で、ロボクイに対抗して食堂を開いたロボコンを最低の行為と断じるのは納得できない。「おまえにはおまえの道がある」というけど、ロボ根性で競うところがロボコンの道だと思うけどなぁ。ガンツ先生は厳しい。

 Googleで「がんばれ!!ロボコン ムギョギョ!!食いねェ」を検索する
 Wikipediaで「がんばれ!!ロボコン ムギョギョ!!食いねェ」を検索する
 IMDBで「Ganbare!! Robocon Mugyogyo Kuinee」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002R2CBCO
思考回廊 レビュー
がんばれ!!ロボコン ムギョギョ!!食いねェ