[Edit]
[レビュー2009年11月16日に発表された 

Left 4 Dead 2 (PC)

Left 4 Dead 2 / L4D2

パニックを楽しむ

友だち4人でマルチプレイを楽しむことになって、その第一弾に選ばれたゲーム。動画サイトで実況をみたときは、ただ駆け抜けるだけの簡単なゲームと思っていたが、とんでもない。大量のゾンビに囲まれ、私はパニックになった。

ゾンビを殺すことは目的じゃない。状況をよく見て、仲間たちから離れず、ピンチのときは助けを呼ぶ......。頭でわかっていても、そのとおり行動できない。どうしてもゾンビ退治に集中してしまう。自分がこれほどパニックになるとは思わなかった。

シングルプレイはそれほど混乱しない。ゾンビの数が少ないせいもあるが、自分のペースで行動できるからだ。マルチプレイだとコミュニケーションが重要になる。「迷惑を掛けたくない」とか「ちゃんと活躍したい」といった気持ちが、プレイを雑にする。この緊張感はマルチプレイでないと味わえない。まぁ、個人的な感想であり、ぜんぜん緊張しない人も、緊張して窮屈に感じる人もいるだろうけど、私は楽しめた。

その後『PAYDAY』や『Dead Island』、『Borderlands』を遊んで、マルチプレイにもいろいろあることを学んだ。比べると『L4D2』はレベルや経験値の概念がないため、いつでも気軽にセッションを組めるのがいい。すべてのキャンペーンをクリアしても、しばらく時間をあけてプレイすると新鮮になる。長期にわたって楽しめるゲームだった。



Steam: Left 4 Dead 2

Share