機動戦士ガンダムUC (全7章) Mobile Suit Gundam Unicorn

2010年 アニメ 2ツ星 #ガンダム SF ロボット 主人公は子ども 恋愛 戦争 超能力

ノーしか言わない子どもたち

モビルスーツがCGで描画され、動きが滑らかで、ダイナミックになった。設定は細かく、デザインはかっこいい。なるほどプラモデルが売れるのも納得だ。

しかしストーリーはつまらない。都合が良すぎるのだ。主人公(バナージ・リンクス)は民間人の少年で、一目惚れした少女(オードリー)のために奔走したはずが、じつはビスト財団当主の隠し子で、ニュータイプで、モビルスーツの操縦方法もレクチャー済みだった。ここまで揃っていて、インダストリアル7で父親からガンダムUCを託され、パイロット登録によって途中下車できなくなるなんて、偶然とは思えない。

んで、登場人物(大人たち)はみーんな主人公の可能性を信じ、未来を託そうとする。子どものために死ぬか、子どもに討ち取られて退場したがる。なぜ大人たちはかくも自信を喪失してるのか? バナージにせよ、ミネバにせよ、具体的な施策を述べていないのに、なぜ白紙委任できるのか?
戦争が長期化したことで、憎しみの連鎖が止まらなくなった? そんなことぁ人類の歴史じゃ珍しくないし、何度も乗り越えきた。それが宇宙世紀になるとキッカケが掴めなくなって、「ラプラスの箱」がないと先に進めないなんて、ふざけてる。
ミネバが早い段階で箱の使い方(未来を変えるプラン)を示してくれれば、バナージはその実現のために戦うことができた。繰り返すが、子どもたちはノーしか言ってない。

とまぁ、全体的な疑問だけ書いて、各エピソードの不満はピックアップしない。つまるところ、私の好みじゃなかった。それだけのことだ。

関連エントリー

2010年 アニメ 2ツ星 #ガンダム SF ロボット 主人公は子ども 恋愛 戦争 超能力
機動戦士ガンダム40周年記念 ガンダム×KEN OKUYAMA DESIGN×LDH JAPAN"G40プロジェクト"スペシャルムービー (11分)

機動戦士ガンダム40周年記念 ガンダム×KEN OKUYAMA DESIGN×LDH JAPAN"G40プロジェクト"スペシャルムービー (11分)

G40(Industrial Design Ver.)
2020年のアニメ ★2

サービス相手がわからない。 ガンダムG40(Industrial Design Ver.)  機動戦士ガンダム40周年プロジェクトの一環として、「ガンダムを実在の工業製品としてデザ (...)

機動戦士Vガンダム (全51話)

機動戦士Vガンダム (全51話)

MOBILE SUIT VICTORY GUNDAM [TVA: 93.4.5-94.3.25]
1993年のアニメ ★1

公共の電波に流していいアニメじゃない これほど狂ったアニメを私はほかに知らない。とにかく人が死んでいく。無闇に、無惨に、無意味に。夕方5時に放映していたなんて信じられない。「戦争の (...)

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 (OVA全6話)

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 (OVA全6話)

Mobile Suit Gundam 0080: War in the Pocket
1989年のアニメ ★5

この作品は、もっと評価されるべきだ! 戦争を市民──それも少年の視点で描く。友だちは、敵軍の新米パイロット。倒すべき相手は、となりのきれいなお姉さん。ふつうに実写映画にしてもいいく (...)

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 (全11話)

機動戦士ガンダム 第08MS小隊 (全11話)

Mobile Suit Gundam: The 08th MS Team
1996年のアニメ ★3

戦争ってのは、こーゆーことかもしれない まず主人公が士官であることに驚いた。『0083』のウラキも軍人だったけど、シローには部下がいる。だのにボールに乗ってザクと相打ち! リアルな (...)

GUNDAM Mission to the Rise (3分)

GUNDAM Mission to the Rise (3分)

GUNDAM Mission to the Rise
1998年のアニメ ★2

「らしくないもの」を作るな あらすじ 宇宙世紀。新型兵器RX-78の登場により宇宙での戦闘は新たなる局面を迎える中、光速領域を越えるための作戦、ロートスによる「Mission to (...)

劇場版∀ガンダムI 地球光

劇場版∀ガンダムI 地球光

Turn A Gundam: Earth Light (movie 1)
2002年のアニメ ★3

駆け足の総集編 テレビシリーズを見ていなかったので、場面展開についていくのは大変だった。入門者に親切とは言えないが、なんとなくキャラクターやストーリーが理解できるのは見事な編集だと (...)

ページ先頭へ