レビュー  2009年09月12日  に発表された 

TAJOMARU (多襄丸)
TAJOMARU

2ツ星

後半は蛇足

被害者(畠山直光)と加害者(多襄丸)が入れ替わり、盗人(桜丸)が貴族(畠山直光)に成り代わる構図はおもしろい。二重のすり替えがあれば、『藪の中』の難題も解き明かせると期待した。ところが所司代のお白洲で真相は重要視されず、正義と悪とお姫様のヒロイック・ファンタジー路線になる。なんですか地獄谷って? 陳腐すぎる。

あまりにひどい。

妄想リメイク

自分が納得できるストーリーをまとめてみた。立場の逆転をテーマにしている。

原典の「羅生門」を動画にしてみた。黒澤明の映画「羅生門」とからめた解決編と、前日談もあるので見てください。


 Googleで「TAJOMARU 」を検索する
 Wikipediaで「TAJOMARU 」を検索する
 IMDBで「TAJOMARU」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B002ZI8K8E
思考回廊 レビュー
TAJOMARU (多襄丸)