レビュー  2006年12月05日  に発表された 

沈黙の激突
ATTACK FORCE

2ツ星

ドーピングしないでどうする!

今回のセガールは軍の司令官。もちろん現場で戦う。がんがん殴って、銃でバーン。弱いヤツにも容赦しない。敵対するのは新種の麻薬でパワーアップした連中だ。吸血鬼のようなイメージで、セガールの苦戦が期待された。ひょっとしたらセガールも麻薬を注射して、さらなる怪物バトルが拝めるかもしれない!

だが、淡い夢だった。セガールは最初から最後まで平常運転で、さっぱり盛り上がらない。なんのため敵を強化したのか。バイオテロなんか目指さず、セガールと正面から激突してほしかった。

 Googleで「沈黙の激突」を検索する
 Wikipediaで「沈黙の激突」を検索する
 IMDBで「ATTACK FORCE」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0039QM8DY
思考回廊 レビュー
沈黙の激突