レビュー  2007年11月13日  に発表された 

沈黙の報復
Renegade Justice, Urban Justice

1ツ星

目的は正義にあらず

下町のギャングに息子を殺されたセガールが報復する。世界の危機を何度も救ってきたセガールにしてはスケールが小さいが、報復だけを目的にしたのは新鮮。撃ったやつを見つけて殺す。だれの命令とか、そうした背景に興味はない。その言葉のとおり、マフィアのボスは見逃した。ボスは「クールだ」と賞賛するが、そういう問題じゃない。

セガールは警察でも軍人でもないというが、何者だったんだろう? いつもなら適当な経歴が出てくるのに、最後まで正体不明だった。わけがわからないけど、気にならない。セガールの映画はどれも同じに見えるが、実際は少しずつ趣向が凝らされている。「正体不明の報復マシーン」というプロットは秀逸なので、もっと強調してほしかった。

 Googleで「沈黙の報復」を検索する
 Wikipediaで「沈黙の報復」を検索する
 IMDBで「Renegade Justice, Urban Justice 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0039QM8E8
思考回廊 レビュー
沈黙の報復