レビュー  2009年05月22日  に発表された 

ナイト ミュージアム2
Night at the Museum:Battle of the Smithsonian

3ツ星

すべて、妄想だったのでは?

舞台をスミソニアン博物館に移したのはいいが、主人公ラリーの立ち位置があいまいすぎる。せっかく大成功したのに、騒動を鎮めるためだけに奔走するのは無理がある。富豪より警備員を選ぶラストもヘンだ。息子のゲーム機代はどうするんだろう?
ひょっとしてラリーは精神を病んでおり、一連の騒動は現実逃避による妄想だったのではあるまいか? そう考えた方が納得できる。

スミソニアン博物館のヴァーチャルツアーは楽しかった。アメリア・イアハートやカスター将軍など、日本では馴染みない偉人を学べたのもよかった。いつか実際にスミソニアン博物館に行ってみたい。

 Googleで「ナイト ミュージアム2」を検索する
 Wikipediaで「ナイト ミュージアム2」を検索する
 IMDBで「Night at the Museum:Battle of the Smithsonian」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003N25N3Q
思考回廊 レビュー
ナイト ミュージアム2