[Edit]
[レビュー1966年08月13日に発表された 

大魔神 怒る

Return of Daimajin

タメ時間が本当に長い

『大魔神』の映画は1966年の4月、8月、12月と立て続けに上映されているけど、三部作として企画されたわけじゃないそうだ。このころの映画制作は勢いがあるね。

1作目との関連は不明。場所は違えど、同じ神さまが崇められているのか、複数の神さまが各地に点在しているのか。1作目の伝承が残っているとおもしろかったと思う。パターンは1作目と同じ。怒りゲージをためにためて大爆発する。悪人どもを蹴散らし、踏みつぶすシーンは圧巻だ。悪人は人質をとって交渉しようとするが、気合い負けしてしまう。神を相手にバカなことしたもんだ。そして悪代官の末期にショックを受ける。神さまはことの成り行きを見ていたのか。

神は神。石像は石像。信仰あるところに顕現する。その事実に驚嘆した。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next