[Edit]
[レビュー2010年05月22日に発表された 

プランゼット

Planzet

まるっきり駄目じゃん!

どこかで見たようなロボットが、どこかで見たようなバトルを繰り広げている。薄っぺらいキャラクターが、薄っぺらなドラマを演じている。53分しかないのに飽きるし、オリジナリティも感じない。ひどすぎる。

CGアニメの品質は、資金力に大きく左右される。だから人も金もないところは、センスで勝負するしかない。前作・『惑星大怪獣ネガドン』は、その点をよく理解していたのだが、本作は長所を捨て、短所を増やしている。なにやってんの?

特撮は、ストーリーの魅力で映像のアラを吹き飛ばすもの。この調子じゃ、どれほどCGに凝っても感動は生まれないだろう。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next