新・猿の惑星 Escape from the Planet of the Apes

1971年 外国映画 3ツ星 SF:新人類 タイムトラベル

知性ある異種族を受け入れられるか?

あらすじ

ミュータントたちの最終兵器によって地球は消滅した。しかしコーネリアス、ジーラ、マイロの3人はテイラーの宇宙船を使って脱出に成功。時空のゆがみを通って、1973年(上映の2年後)に飛来した。

アメリカ軍に収容された3人は、人間による迫害を恐れ、知性を隠そうとするが、やがて露見してしまう。アメリカ社会は猿たちを歓迎するが、大統領の科学顧問であるハスレイン博士は強い警戒心を示し、ジーラから未来の出来事を聞き出してしまう。

シリーズ5部作のうち、後半3作は「低予算で蛇足」などと揶揄されているが、私は気に入っている。「知性」への問いかけが強調されているからだ。

人間社会に異物(=知性をもった猿)がまぎれ込む設定は、ありきたりでも、1作目の逆転でもない。コーネリアスたちは人間の脅威を学習しており、知性を隠そうとするからだ。しかし知性はプライドを伴うため、隠しとおすことはできなかった。ジーラの軽率さをなじるのはたやすいが、我が身となれば難しいだろう。

ハスレイン博士の論理は無茶苦茶だが、最初から猿の抹殺が目的だったとすれば納得できる。博士は、知性ある異種族を受け入れられなかったのだ。知性はプライドを伴う。知性の低い一般大衆が猿たちを受け入れたのとは対照的だ。できれば、ハスレイン博士が警戒する理由を描いてほしかった。テイラーの宇宙船を操作できたマイロ博士に嫉妬したのかもしれない。

サーカスの団長は、「どうせなら俺は、あんたらに支配されたいと思うよ」と言い出す。人間が人間の為政者に辟易するのはわかるが、その解決を異種族に求めるのはよくないだろう。まぁ、目くじら立てるようなシーンじゃないけどね。当時のアメリカ人が、自分たちの社会を誇っていなかったことが透けて見えるシーンだった。

人類 vs 新人類
フランケンシュタインの怪物
I am legend
猿の惑星
X-MEN
仮面ライダー
ガンダム
特撮・アニメ
洋画

関連エントリー

1971年 外国映画 3ツ星 SF:新人類 タイムトラベル
SOMA (PC)

SOMA (PC)

Shadow of the Colossus
2015年のゲーム ★3

もろもろ中途半端 あらすじ  2015年──。交通事故で脳に大きなダメージを負ったサイモンは、脳スキャンという実験的な治療を受けた。  気がつくとサイモンは、荒廃した深海施設 PA (...)

X-MEN:フューチャー&パスト

X-MEN:フューチャー&パスト

X-Men: Days of Future Past
2014年の外国映画 ★4

まさかのリセット 最初の世代と最後の世代をクロスオーバーさせ、双方を同時進行させるダイナミックな構成。 問題の人物を殺すのではなく、殺さないことで未来を変えるというプロット。 セン (...)

猿の惑星

猿の惑星

Planet of the Apes
1968年の外国映画 ★5

SFの基礎を学んだ傑作  私が産まれる3年前の作品。親父と一緒にテレビで見たけど、親父は結末まで知っていたので、いろいろ解説してくれた。ラストだけでなく、この作品全体が衝撃的だった (...)

シドニアの騎士 あいつむぐほし

シドニアの騎士 あいつむぐほし

Knights of Sidonia: Ai Tsumugu Hoshi
2021年のアニメ ★3

第3期、第4期が欲しかった! そして... 原作の後半を2時間の映画で駆け抜けてしまった。身長差15mの恋ばかりクローズアップされ、シドニアが守るべき人類種とはなにか? という問い (...)

クロノス・コントロール

クロノス・コントロール

Singularity
2017年の外国映画 ★2

「人間かどうかなんて関係ないわ」 ストーリー  人工知能「クロノス」が人類を滅ぼした未来。残った人類残党を抹殺するため、人間そっくりのロボット・アンドリューが送り込まれる。アンドリ (...)

トランセンデンス

トランセンデンス

Transcendence
2014年の外国映画 ★2

超越できてません。  人類は小麦の奴隷、という考え方がある。人類はもともと気ままに狩猟生活を送っていたが、小麦を得て、これを栽培するため定住せざるを得なくなった。小麦のカロリーによ (...)

ページ先頭へ