[Edit]
[レビュー2006年12月15日に発表された 

牙狼〈GARO〉スペシャル 白夜の魔獣 (全2話)

Garo Special: Beast of the Midnight Sun

邪美スペシャルだった

放送終了から14ヶ月。決して悪い内容じゃないのだが、期待が高まりすぎていた。邪美はいいキャラクターだけど、復活させるために前編を使い切るのはどうかと思う。双子の姉でいいじゃない。

テレビシリーズもそうだが、牙狼はクライマックスが弱い。そこに至るまでのアクションが派手だから、さらに盛り上げるのが難しいのだ。今回も抽象世界に入ってしまって、よくわからなくなった。平成仮面ライダーのような強化フォームがあるといいのだが、これも持ち味か。

最後にカオルが出てきたのはよかった。鋼牙は充実した青春を送っている。うらやましいぜ。個人的には、カオルのスペシャルを見たかった。


Share

Next