レビュー  2010年04月03日  に発表された 

誘拐ラプソディー
Yukai Rhapsody

3ツ星

ドタバタはいいけど、着地に失敗

事態が悪化していく過程はおもしろい。伝助くん(林遼威)の演技も申し分ない。しかし最後の最後で腰砕け。ヤクザ親父に変化が見られなかったからだ。引退しろとは言わないが、損得勘定ヌキで息子と向き合うくらいの変化はあってもいいだろう。なんのためヤクザの内紛を描いたのか。
そういう意味では、秀吉にも具体的な成長がほしかった。自殺する気がなくなったくらいじゃ、マイナスがゼロになっただけで、一歩も前に進めていない。

伝助くんの家出にもっと大きな意味をもたせ、「たまには家出もイイネ」くらいのセリフを言わせてほしかった。

 Googleで「誘拐ラプソディー」を検索する
 Wikipediaで「誘拐ラプソディー」を検索する
 IMDBで「Yukai Rhapsody」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003V3T5H2
思考回廊 レビュー
誘拐ラプソディー