[Edit]
[レビュー2010年08月11日に発表された 

屍病汚染 DEAD RISING

DEAD RISING

これはなにかの嫌がらせ?

CAPCOMの人気アクションゲーム『DEAD RISING 2』の映画化。同シリーズのプロデューサーが監督しているのだが、気が遠くなるほどつまらない。ゲーム未プレイで鑑賞したせいと思ったが、そうではない。映画とゲームが別物とか、そういう話でもない。単純につまらない。おまけにゲームへの期待感もしぼむ。これはシリーズの価値を下げるために作られたんだろうか?

時系列シャッフルや、FPS視点といった演出も、プロットのしょぼさを補うことはできない。そもそも戦う相手がゾンビじゃなくて、ただのチンピラってのが泣ける。さらに主人公の人格が最低なので、早く死んでほしいと願う始末。まともなのは看護婦さんだけ。彼女は覚悟を決めて、医学知識を活用した攻撃を繰り出してほしかった。

クレジット後のCMも、映画『バイオハザード』を茶化しているようで、気分が悪くなった。『DEAD RISING 2』だけでなく、CAPCOMのイメージダウンは避けられない。

デッドライジング
ゲーム
映画

Share

Next