レビュー  2005年04月21日  に発表された 

9 Original Short Film
9

5ツ星

鮮烈な11分

劇場版(79分)の元になったショートフィルム(11分)。登場する人形は5と9だけ。セリフもないから、状況はさっぱりわからないが、それは劇場版も同じ。簡潔な分だけショートフィルムの方が鮮烈に感じる。
ティム・バートン監督が惚れ込むのも理解できる。

ラスト、仲間たちを弔った9は旅に出る。世界がどうなっているかわからないが、その行方に希望は見えない。ならば、5の仇討ちになんの意味があったのか? 恐怖と怒り、その連鎖が、世界の破滅をもたらしたのではないか? いろいろ考えると切なくなる。
ティム・バートン監督がつづきを見たがったのも理解できる。

のちの劇場版に比べるとモデリングは荒いが、アマチュアの作品とは思えないクオリティだ。すごい時代になったもんだ。

 Googleで「9 Original Short Film」を検索する
 Wikipediaで「9 Original Short Film」を検索する
 IMDBで「9」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B003WTHOYQ
思考回廊 レビュー
9 Original Short Film