レビュー  2010年09月08日  に発表された 

Amnesia: The Dark Descent (PC)
Amnesia: The Dark Descent

2ツ星

ゲームは没入できるが、ストーリーは没入しづらい

古城で目覚めたダニエルは記憶を失っていた。薬品を使って、自分で自分の記憶を消したようだ。ここはどこで、自分はなにをしていたのか? なぜ記憶を消したのか? 古城を探索するダニエルに、影が忍び寄っていた。

オープニングは申し分ない。自分の姿が見えないFPS視点や、主人公の息づかい、音響効果が臨場感を高める。戦闘以外の要因で削られる正気度も興味深い。

だが、ストーリーは満足できなかった。状況が複雑だし、主人公に感情移入しづらい。後半は拷問描写が多くて胸焼けしてしまった。ホラーは好きだけど、重すぎるものは受け付けない。重さに打ち克つ人間ドラマがあればよかったのだが。
ゲームのストーリーはもう少しシンプルでいいと思う。



Steam: Amnesia: The Dark Descent

 Googleで「Amnesia: The Dark Descent 」を検索する
 Wikipediaで「Amnesia: The Dark Descent 」を検索する
 IMDBで「Amnesia: The Dark Descent」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004FZ9822
思考回廊 レビュー
Amnesia: The Dark Descent (PC)