レビュー  2008年08月01日  に発表された 

ミッドナイト・ミート・トレイン
The Midnight Meat Train

3ツ星

画竜点睛を欠く

私は『血の本』シリーズを読んでいるので、映画化すると聞いて無謀だなと思った。しかし実際に見てみると、なかなかいい出来映え。もちろん職人の熟練度や焦燥感など、視覚化できてない(そもそも無理?)なところはあるが、ここまで再現できたことを評価したい。

しかしラストはいただけない。これじゃ単なる怪物だよ。あの神々しさは表現できなかったか? しかし、ここにインパクトがなければ、この映画は成り立たない。映画では、主人公が「肉」に魅了される兆候が描かれているけど、それだけじゃ納得できない。

9割9分は文句ナシ。だが、物語の中核となるイメージが欠落したので、ご破算。惜しいと言うより、やっぱり映画化は無謀だったと思わざるを得ない。

 Googleで「ミッドナイト・ミート・トレイン」を検索する
 Wikipediaで「ミッドナイト・ミート・トレイン」を検索する
 IMDBで「The Midnight Meat Train」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004GUSNHW
思考回廊 レビュー
ミッドナイト・ミート・トレイン