[Edit]
[レビュー2011年01月03日に発表された 

赤い指 新参者 加賀恭一郎再び

Akai Yubi

犯人がわかっているのに、事件が見えていなかった

テレビドラマとは異なるスタイルで加賀を描いている。加賀がどこに注目し、どう推理したかは語られているのに、犯人と同じく最後まで事件の全貌がわからなかった。お見事。おもしろかった。

ただ正義を遂行するだけでなく、関係者のケアにも気を遣う。並行して描かれる父親との関係も胸を打つ。加賀はいささか超人すぎるが、こんなヒーローも悪くない。

Share