レビュー  2011年02月05日  に発表された 

KG カラテガール
Karate Girl

3ツ星

ターゲットは世界

『ハイキック・ガール!』(2009)の続編ではないが、同じ素材を異なる角度で料理した姉妹作。単純なストーリー、単純なキャラクター、黒帯や血筋を重視する世界観は、日本人には馴染みにくいが、海外から見たら「これぞジャパン!」と喝采を浴びるかもしれない。本格実践空手というジャンルも、カンフーとは異なる趣があってよろしい。

難点を言えば、テンポがよくない。姉妹が対面するまではよかったが、そのあとがだるい。91分しかないのに、長く感じてしまった。最終決戦も、戦う必要のない外国人師範や、車いすに乗ったボスなど、カタルシスに欠ける。このあたりは特撮ヒーローの軽妙さを参考にしてほしい。

美少女だけど武道の達人。この路線は日本ならではだと思う。もっと洗練して、マカロニウェスタンのようなジャンルに育ててほしい。

 Googleで「KG カラテガール」を検索する
 Wikipediaで「KG カラテガール」を検索する
 IMDBで「Karate Girl」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004RZU2P2
思考回廊 レビュー
KG カラテガール