レビュー  2011年10月15日  に発表された 

電人ザボーガー (劇場版)
KARATE-ROBO ZABORGER / Denjin Zaborger / Electroid Zaborger

3ツ星

愛はあるけど、品がない

まさかの映画化。大門豊をお笑い芸人が演じると聞いて、あんまり期待せずに見たけど、思っていたほど悪くなかった。と同時に、思っていた以上にダメだった。

最新のセンスと技術で生まれ変わったザボーガーはかっこいい。主題歌が流れると、条件反射のように盛り上がる。2部構成にしたことや、守るべき存在が悪となる展開もおもしろい。オリジナルからの引用も多く、クレジットで元ネタになったシーンを流すなど、オリジナルへの愛が充ち満ちている。

しかし演出が下品すぎる。ギャグが滑るだけならまだしも、荒唐無稽な行動が目につくようになり、後半はコメディ映画になってしまう。コメディタッチでシリアスなドラマを描くのではなく、コメディタッチでシリアスなドラマをぶち壊している。台無しだよ。

ザボーガーを馬鹿にしているわけじゃない。ただこれが、監督の愛し方なんだろうな。そこに文句をたれても仕方ないが、私はもったいないと思った。

 Googleで「電人ザボーガー 」を検索する
 Wikipediaで「電人ザボーガー 」を検索する
 IMDBで「KARATE-ROBO ZABORGER / Denjin Zaborger / Electroid Zaborger」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004T7RUPI
思考回廊 レビュー
電人ザボーガー (劇場版)