レビュー  2002年02月10日  に発表された 

劇場版∀ガンダムII 月光蝶
Turn A Gundam: Moonlight Butterfly (movie 2)

2ツ星

「ユニヴァース!」

舞台は宇宙へ。月の社会が描かれ、ギンガナムが登場。物語はますます混迷の度合いを深める。勢力が結託したり、造反するカオス展開は、富野監督のお家芸だ。これはこれで好きなんだけど、総集編で一気に見ているせいか、まとまりのなさが目立つ。毎週ペースで見ていたら楽しめたと思う。たぶん。

エンディングでロランがなにを選び、なにを捨てたのかは、あいまいにされている。ソシエを捨てたなら、みずから口づけするのは違和感がある。ディアナの死を見届けたら還ってくるつもりなんだろうか? それも勝手な話だ。

世界戦争より男女間のいさかいがクローズアップされる結末も、富野監督らしい。好きになれない演出方針だが、それでも目が離せないから困ったもんだ。

良くも悪くも、富野監督のセンスを感じさせる作品だった。


 Googleで「劇場版∀ガンダムII 月光蝶」を検索する
 Wikipediaで「劇場版∀ガンダムII 月光蝶」を検索する
 IMDBで「Turn A Gundam: Moonlight Butterfly 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004TJE3BK
思考回廊 レビュー
劇場版∀ガンダムII 月光蝶