レビュー  2011年07月22日  に発表された 

ウルトラマン ヒットソングヒストリー ニューヒーロー編
Ultraman Hit Song History Legend Hero Hen DVD

3ツ星

なぜギャラクシークライシスに触れない!?

ティガ(1996)、ダイナ(1997)、ガイア(1998)、コスモス(2001)、ネクサス(2004)、マックス(2005)、メビウス(2006)、そしてゼロ(2010)の主題歌を収録した『ニューヒーロー編』。新撮ドラマパートもあるが、『レジェンド編』に比べると粗い。

謎の嵐に巻き込まれ、正体不明の敵に攻撃されるゼロ。そのピンチに駆けつけたのは、別世界に属するウルトラマンたちだった(メビウス以外)...と言う出だしは素晴らしい。が、なにが起こったのか明瞭にならないため、歯切れが悪い。
大怪獣バトルやゼロの世界観では、「ギャラクシークライシス」によって時空が交錯しているはず。劇中でもダイナが面識があると言っていたし、映画2作目でも多元宇宙を扱っているのだから、ギャラクシークライシスに踏み込んでほしかった。
というか、ここでゼロにつなげなくてどうする? 『レジェンド編』に注力してくれたのはうれしいが、ここで橋が架からないと意味がないです。


 Googleで「ウルトラマン ヒットソングヒストリー ニューヒーロー編」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラマン ヒットソングヒストリー ニューヒーロー編」を検索する
 IMDBで「Ultraman Hit Song History Legend Hero Hen DVD」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B004UD3U5K
思考回廊 レビュー
ウルトラマン ヒットソングヒストリー ニューヒーロー編