[Edit]
[レビュー2010年10月09日に発表された 

REDLINE

REDLINE

脚本が弱すぎる!

7年の制作期間と、約10万枚の作画を費やしても、脚本の弱さはどうにもならない。絵柄や雰囲気はいいから、じつにもったいない。

レッドラインのルールくらい、しっかり作ってほしかった。スターウォーズのポッド・レースを彷彿させるが、無制限に武器を搭載できるならレースにならない。ただの戦争だ。おまけに身内が爆弾を仕掛けてくる状況でレースに集中するのは無理だ。結局、絵の勢いだけで押し切ることになる。それを喜ぶ人もいるだろうが、私には不満だった。

木村拓哉の声は時々うまいが、絵の迫力に追いついてない。蒼井優も同じ。アイドル声優の起用はリスクが高い。しかしアイドル声優でなければ、もっと売れなかったかもしれない。嘆かわしい。

Share

Next