レビュー  2016年08月03日  に発表された 

Layers of Fear: Inheritance (PC)
Layers of Fear: Inheritance

3ツ星

考察が好きな人向け

病魔と狂気と死が、私の揺り籠を見守っていた黒い天使の群れであり、以来、彼らは私に一生つきまとった。

Illness, madness, and death were the black angels that kept watch over my cradle and accompanied me all my life.

エドヴァルド・ムンク Edvard Munch

『Layers of Fear』(2015)のDLC。本編の後日談で、狂った画家の娘の視点で館を探索。悲劇を別の角度で振り返る。「Inheritance」の意味は継承、相続。498円で、日本語字幕もつくからお得と言える。

ゲームの進め方は同じ。モンスターとの戦闘や死に至るトラップはなく、行ったり来たりしながらアイテムを収集する。ボリュームは少ないが、すべてのセリフや文書を読むとけっこうな時間がかかる。

娘は成人しているようだが、屋敷の中では少女になって、視点が低くなる。天井が見えないほど高くなる誇張はおもしろい。が、低い視点は酔いやすく、移動しづらい。行ったり来たりが多いので、チトつらい。
英語の聞き取りができる人以外は字幕を読まねばならない。長い手紙も読んで、読んで、読んで、ちょいちょい操作。こんなに読ませるなら、設定資料集でいいじゃん。しかも大事なことは書かれてないし。フラッシュバックで妄想世界に突入する演出もうざい。気持ちが落ち着かない。まぁ、そういうゲームなんだけどさ。

いろいろ発見はあるが、悲劇の詳細や時系列がハッキリするわけじゃない。苦労して納得できない=幸福になれないのは、ちとつらい。エンディングは3つで、9枚の絵を集められたかどうかで分岐する。

  1. Normal ... 娘は屋敷に火をつけ、父を赦す。将来、子どもが不可解な絵を描きはじめる。
  2. Bad ... 娘は怒りに任せ、肖像画を破壊。燭台が倒れて火事になり、巻き込まれて死亡する。
  3. Good ... 娘は狂気が遺伝することを受け入れる。

物足りないので、少し妄想してみた。

★妄想リメイク

結婚を控えた娘は、父の狂気が子どもに遺伝しないか不安になる。娘は過去と向き合うため、屋敷を探索。父が家族をどれほど愛していか、またそれゆえ、どれほど苦しんでいたかを知る。

  1. Normal ... 父は狂気が遺伝することを恐れ、娘を殺そうとしていた。母が守ってくれたのだ。娘は狂った肖像画を持ち帰る。
  2. Bad ... 娘はまともな肖像画を見つける。両親は狂気が遺伝しないことを願い、娘を家から遠ざけたのだ。娘は子を産むが、やはり不可解な絵を描きはじめる。
  3. True ... 麻薬の注射器を見つけたことから、狂気は後天的なもので、遺伝子しないと確信する。娘は父を赦し、屋敷に火をつけ魂を解放する。そして、まともな肖像画を持ち帰った。



Steam: Layers of Fear: Inheritance

 Googleで「Layers of Fear: Inheritance 」を検索する
 Wikipediaで「Layers of Fear: Inheritance 」を検索する
 IMDBで「Layers of Fear: Inheritance」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0054IPVES
思考回廊 レビュー
Layers of Fear: Inheritance (PC)