[Edit]
[レビュー1978年10月25日に発表された 

ハロウィン (オリジナル/ジョン・カーペンター監督)

Halloween

そのよさは、リメイクを見るまでわからない

スプラッター映画の嚆矢であり、カーペンター監督の出世作。私が見たのは2014年で、公開から36年が経過していたせいか、あんがい、ふつうで戸惑った。ブギーマンはサイコパスだから、その行動は理解できない。理解できない殺意は怖いが、そういう映画はたくさん見たので、目新しさがない。殺人鬼というより、動物に襲われているような気がした。

しかし2007年のリメイクを見て、本作のよさがわかった。カーペンター監督がマイケルの素性、視点をまったく描かなかった理由がよくわかる。ゆるやかに描かれるマイケルの接近。恐怖の兆候が、日常に埋もれてしまうことが怖かったのだ。

シリーズ化された殺人鬼
レザーフェイス
ブギーマン
ジェイソン
フレディ
グッドガイ人形
ハンニバル・レクター
シザーマン
脅迫者
フィッシャーマン
ミュータント
ジグソウ
キラ

Share

Next