レビュー  2011年08月19日  に発表された 

TAKAMICHI SUMMER WORKS たかみち サマーワークス (全3話)
TAKAMICHI SUMMER WORKS

2ツ星

勝手に想像させてくれ

たかみち氏のイラストに朗読ドラマを加えたもの。氏のイラストは景観も美しいため、少女の状況や心象を想像する楽しみがある。しかしこうして朗読ドラマになると、かえって想像の幅が狭まってしまうようだ。あるいは、描かれた状況の不自然さが目立ってしまうような。こんなことなら、物語に合わせた絵を描いてもらうか、音楽の方がよかったと思う。

  1. セミ ... セミの視点で連続性をもたせている。うまいような、苦しいような。
  2. 夏の帝国 ... 島を買うところはいいが、はだか党のくだりは苦しい。
  3. 梅雨の終わりに ... ストーリー重視で絵がおざなり。これはこれで本末転倒。

絵は高精細で、美しい。しかし何度も見たいと思うものじゃない。おもしろい試みではあるが、ファンアイテムの域を出ない。

 Googleで「TAKAMICHI SUMMER WORKS たかみち サマーワークス 」を検索する
 Wikipediaで「TAKAMICHI SUMMER WORKS たかみち サマーワークス 」を検索する
 IMDBで「TAKAMICHI SUMMER WORKS」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B005B51W2O
思考回廊 レビュー
TAKAMICHI SUMMER WORKS たかみち サマーワークス (全3話)