レビュー  2011年01月04日  に発表された 

君に届け 2ND SEASON (第2期・全13話)

4ツ星

相思相愛なのに、くっつかない

アニメ第1期→実写映画→アニメ第2期の順で制作されたようだ。これなら実写映画から入る人もカバーできるね。
第1期で完成したと思われた爽子と風早のカップルだが、なかなか恋人関係になれなかった。爽子の博愛精神が強すぎるせいだ。恋愛は、ただ相手を好きなだけでなく、相手に捧げる自分自身を好きにならないと成立しない。自分を卑下してきた爽子には、難しいテーマだった。
しかしそれは風早も同様で、優等生らしい余裕は失われていた。それだけ爽子への思いが本気ということか。第1期では絵に描いたようないいひとだったけど、空転することで血肉をもった人物になった。
こうなると、ちょっかい出してくる三浦健人が憎らしい。しかしまぁ、気になる娘が舞い上がって落ちることを心配する気持ちはわかる。あぁ、私もいやなヤツだったんだな。

いくつも試練を乗り越え、爽子と風早は互いを特別な存在として認め合う。恋愛とは、かくも神々しい現象だったのか。ふたりは結婚を考えていないというけど、ふたりが結婚しない未来も考えられない。完成されすぎている。いやはや。

原作はまだ連載中で、爽子と風早を取り巻くキャラクターの恋愛にスポットライトが当てられるそうだ。それはそれで興味はあるが、それは『君に届け』の外伝だろうな。
1クールしかないため、もうちょっと描いてもよさそうな気もするが、ここで止めた判断は正しかったと思う。

 Googleで「君に届け 2ND SEASON (第2期・全13話)」を検索する
 Wikipediaで「君に届け 2ND SEASON (第2期・全13話)」を検索する
 IMDBで「」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B005C39HQS
思考回廊 レビュー
君に届け 2ND SEASON (第2期・全13話)