レビュー  2011年06月11日  に発表された 

ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
Gokaiger Goseiger Super Sentai 199 Hero Great Battle

4ツ星

受け継がれる魂!!

スーパー戦隊シリーズ35作記念作品。本編の前日談と思っていたが、レジェンド大戦のシーンはあっさり終わって、赤き海賊団によるレンジャーキー回収エピソードもない。つまるところ、ゴセイジャーとゴーカイジャーの競演映画だった。

だが、不満はない。戦いの中で互いを信頼していく過程はやっぱり興奮する。先輩から後輩に大切なものを託す。こうやってヒーローの魂が受け継がれてきた。記念作品にふさわしいストーリーではないか。

さらに先輩ヒーローの哀愁と矜持を、デンジブルー(大葉健二)とリュウレンジャー(和田圭市)が見事に演じている。変身する力を失っても、なお強く、たのもしい男たち。最前線に立てずとも、やれることはある! たまらないよ。
クライマックスに流れるのはゴレンジャーの歌。直撃世代の私は涙腺を狙撃されたようなもの。まいりました。

よいものを観させていただきました。

 Googleで「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」を検索する
 Wikipediaで「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」を検索する
 IMDBで「Gokaiger Goseiger Super Sentai 199 Hero Great Battle」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B005FL1FIU
思考回廊 レビュー
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦