[Edit]
[レビュー1968年08月14日に発表された 

吸血鬼ゴケミドロ

Goke / Body-Snatcher GOKE / Body Snatcher from Hell

日本産SFホラーの傑作

宇宙から飛来した《それ》は、人間を吸血鬼に変える。しかし恐ろしいのは吸血鬼ではなく、「密室」と化した小型旅客機で繰り広げられる人間同士の争いだった。
状況設定がおもしろい。日本版『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』、あるいは『遊星よりの物体X』と言えるだろう。

こんな映画が68年に作られていたとは知らなかった。「ゴケミドロ」というタイトルは怪獣映画っぽくて、損してると思う。

Share

Next