[Edit]
[レビュー2011年03月05日に発表された 

ドラえもん(31) 新・のび太と鉄人兵団 ─はばたけ 天使たち─

Doraemon: Nobita and the New Steel Troops: ~Angel Wings~

焼き直しじゃないぞ!

1986年のオリジナル版に愛着があったので、リメイクの変更点はやはり気になる。オリジナルに忠実たれとは言わないが、安直な「媚び」はやめてほしい。とりわけザンダクロスの頭脳(ピッポ)に愛らしい名前と容姿、性格、さらに歌まで歌わせるのはヤリスギだ。こりゃ駄目そうと肩をすくめた。
ところが、後半はぐぐっと盛り上がった。なるほどピッポをそう使うのか。オリジナルよりスムースに展開し、感動的だ。おもしろいよ。マイナーチェンジじゃなく、きちんと再構築した見事なリメイクだった。

第2期ドラえもんの映画で、今のところ1番よかった。


Share

Next