レビュー  2011年10月09日  に発表された 

未来日記 (全26話)
Future Diary (TV-Anime)

3ツ星

原作をそのまま動かしている

テレビドラマ版のあとに鑑賞したので、まるで話がちがうことに驚いた。未来日記ごとに個性があって、それゆえ虚々実々の駆け引きが成り立つのか。由乃の狂気、攻撃性もいかんなく発揮されている。痛快だ。キスやセックス、レイプといった性的表現が多いことに驚いた。演出的にごまかすこともできるのに、直裁的に表現している。最近の深夜アニメはすごいな。

しかし中盤からだれる。由乃の記憶混乱、ムルムルの過剰介入、秋瀬或の飛び抜けた知略によって、ゲームは大いに乱れてしまう。どんな目に遭ってもへこたれない友だちもリアリティを損ねた。彼らは市井の人々だろうに。終盤はセカイ系のような展開で、唖然としてしまった。時空王がこれほど不自由な存在と知っていたら、ゲームは成立しなかっただろう。主催者である時空王が自分にとって不利な情報を隠すのはわかるが、どうしてゲームで後継者を選ぶのか理解できない。

のちに原作漫画も読んだ。絵はアニメの方がいいけど、ストーリーは漫画の方がいい。漫画は、主人公たちの未熟さ、必死さがよく伝わってくる。「予知能力者による神の座を賭けたバトルロワイヤル」という仕掛けに目を奪われていたが、本質は恋愛ドラマだった。そこに気づいたとき、すべてに納得できた。

 Googleで「未来日記 」を検索する
 Wikipediaで「未来日記 」を検索する
 IMDBで「Future Diary 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B005PK0Z78
思考回廊 レビュー
未来日記 (全26話)