レビュー  2011年07月30日  に発表された 

ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ 劇場版
Alice in the Country of Hearts

2ツ星

妄想ハーレムのアリス

ゲーム、漫画、小説は未見で、劇場版から鑑賞する。初心者でも楽しめると聞いていたが、どうなんでしょう? 私はさっぱり楽しめなかった。

本作のアリスは、イケメンたちに文句を言うだけで、自発的な言動はまったくない。たまに行動しても、浅はかさが目立つ。たとえば女王の裁判を批判しておきながら、自分が裁判官になると勝手に量刑を決めている。なんだ、そりゃ? 外見は十代後半に見えるが、自己中心的なふるまいは小学生のようだ。

ストーリーはよくわからない。全体をつらぬくストーリーはおろか、方向性もない。アリス自身も目的なく、ふらふらしているだけ。それでもイケメンたちはアリスを放っておかない。あの手この手でかまってくれる。よかったね。目が覚めたら、きみも顔なしになってしまう。だからそのまま、永遠に寝ていた方がいいよ。

アリスの外見年齢を上げるなら、それにふさわしい世界観やストーリーを用意してほしかった。十代後半であのエプロン姿は、コスプレにしか見えないよ。

 Googleで「ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ 劇場版」を検索する
 Wikipediaで「ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ 劇場版」を検索する
 IMDBで「Alice in the Country of Hearts」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B006JK0UDM
思考回廊 レビュー
ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ 劇場版