レビュー  2012年02月17日  に発表された 

オズの魔法使い EPISODE1 ビニアルーの本と西の魔女
The Witches of Oz / Dorothy and the Witches of Oz (Episode 1)

3ツ星

前半はよかった

オリジナルを現代風にアレンジした作品と思っていたが、じつは後日談(続編)だった。後半はグダグダだが、前半はなにかが起こりそうな予兆にあふれているため、おもしろかった。ここで視聴を辞めてもよかった。

危機が迫っているのに、ドロシーはなかなか気づかない。主人公より観客の方が情報量が多くなるスタイルはおもしろい。しかし黒幕(西の国の魔女)は顔を見せないし、ラングイディアは首をすげ替えるから個人を特定できない。なにが起こっているのか考える興奮はよかった。

ラストでドロシーはヘンリーの姪ではなく、大叔母だったことがわかる。つまり、原作が書かれた1900年に存在したオリジナルのドロシーか! 予想しなかった事実にショックを受ける。思えば、ここが盛り上がりのピークだった。

カンザスの田舎娘にとっては、ニューヨークは異世界(エメラルドシティ)にも等しい。有能なものがコンプレックスに囚われ、無能なものがウソで着飾っている。虹に向こうにあこがれた少女は、果たして「おうちがいちばん」と唱えるだろうか? そんな現代風アレンジでよかったと思う。

 Googleで「オズの魔法使い EPISODE1 ビニアルーの本と西の魔女」を検索する
 Wikipediaで「オズの魔法使い EPISODE1 ビニアルーの本と西の魔女」を検索する
 IMDBで「The Witches of Oz / Dorothy and the Witches of Oz 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B007BFMW6W
思考回廊 レビュー
オズの魔法使い EPISODE1 ビニアルーの本と西の魔女