レビュー  2011年08月19日  に発表された 

フライトナイト/恐怖の夜
Fright Night

2ツ星

だれにでもわかる娯楽映画に

『フライトナイト』(1985)のリメイク。オリジナルがもつ奇妙な味わいを再現せず、単純なファンタジージュブナイルに仕上げている。オタクの主人公に美人の恋人という組み合わせはいいね。異変に気づくのは友人で、やはり犠牲となる。うまく整理されている。「空き家なら招待不要」「家でなければ招待不要」など、ルールの拡大解釈がおもしろかった。

オリジナルとちがい、母親と恋人はバンパイアの存在に気づき、主人公の正しさを認める。これは作品の根幹をくつがえすほどの改変だ。気づいてしまえば、あとは戦って勝つだけ。ストーリーは退屈になるが、バンパイアの強さをたっぷり描けるようになる。このトレードオフは仕方ないのかもしれない。

子ども向けにちょうどいい映画。しかし26年後に思い出されることはないだろう。

 Googleで「フライトナイト/恐怖の夜」を検索する
 Wikipediaで「フライトナイト/恐怖の夜」を検索する
 IMDBで「Fright Night」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B007E8TP02
思考回廊 レビュー
フライトナイト/恐怖の夜