レビュー  2012年03月21日  に発表された 

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編 (全2話)
Samurai X: Shin Kyoto-Hen

2ツ星

実写化を意識したサンプル

実写映画に合わせて制作された新作アニメ。巻町操の視点で京都編をリメイクすると聞き、「なんで今さら?」と首をかしげた。見てみると、操視点はうざいだけで、特別な解釈もない。時間が限られているのだから、操や比古清十郎はカットすべきだろう。

後半になって、本作が実写化を意識して作られていることに気づいた。ありえない必殺技や、マンガ的な演出、構成を省き、リアリティを高めようとしている。だいぶ地味になったが、これはこれでいいと思う。
(京都編を実写化するなら、こんな感じでどうでしょう?)
そんな制作サイドの声が聞こえてきそうだった。

試みはおもしろいが、作品としてはイマイチだった。テンポが悪いのだ。私は熱心なファンじゃないから、もっとキャラを削ればいいと思うが、それをやっちゃダメなのか。実写映画に比べ、整理が中途半端になっている。もっと大胆な、リ・イマジネーションを見てみたかった。


 Googleで「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編 」を検索する
 Wikipediaで「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編 」を検索する
 IMDBで「Samurai X: Shin Kyoto-Hen」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B007MSAOB8
思考回廊 レビュー
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編 (全2話)