[Edit]
[レビュー2012年04月16日に発表された 

バトル・オブ・パシフィック

American Warships / American Battleship

これぞ、低予算

『世界侵略: ロサンゼルス決戦』(2011)『バトルシップ』(2010)に便乗した映画。さらに邦題は『パシフィック・リム』(2013)にもあやかっている。よく見たらアサイラム製。品質は推して知るべし。

核戦争を防ぐため、ステルス宇宙船に潜入するというプロットはおもしろいが、いかんせんチープなビジュアルに脱力する。遠景の戦艦は資料映像っぽいが、近づくとCG。役者は画面の外を指さし、爆発でひっくり返るの繰り返し。宇宙人、宇宙船のデザインも微妙。しょぼい。ほんとにカネがない。

ストーリーは悪くないが、低予算はどうにもならない。
そんな感じの映画だった。

Share

Next